タメブロ

日々の中で気付いた少し為になること

MENU

お名前.comに嵌められた。ブログを始める前に読んでほしい

ブログを始めるにあたって、気を付けてほしいことをお伝えしますね。

 

ブログを始めるにあたっておすすめの本

最近ブログを始めるにあたって、本屋さんでいくつか参考書となりうる本を探していたんですけど、これだっていう本に出会ったんです。 

ブログの目的がアフィリエイトでなくても、めっちゃ為になります。

 26歳の元OLさんっていうから、まだ若いし、半信半疑で試し読みしていたら、あまりの執筆の才能に、戦意喪失しそうになりました。

文章が上手、構成が上手、情報が豊富(ケチっていない)、わかりやすい

参考書としては、めちゃくちゃ安いと思いました。

 

僕は、ルカさんが「はてなブログ」がおすすめと言ってくれているので、はてなブログにしました。

 

はてなブログは、書きやすいし、デフォルトのデザインも綺麗だから、すぐに公開できてよかったです。思ったその日に始められることが大事ですもんね。

 

はてなブログproに申込みました

そんで、まあ広告が邪魔くさいので、『はてなブログpro』に申し込みました。

 

f:id:tkcblog:20190310143950p:plain

 

f:id:tkcblog:20190310143656p:plain

 

f:id:tkcblog:20190310143910p:plain

はてなさんからは2年コースがおすすめされていますが、2年も続けるかどうかは流石に不確かだから、9ヶ月以上の継続で1ヶ月コースよりもお得になる『1年コース』にしました。

 

すると独自ドメインなるものが使えるとのことなので、それを取得しようとしました。

どこからか『お名前.com』の広告が出てきたので、そこでドメインを取得することにしました。お名前.comはGMOグループなんですね。

 

ドメインとは

 貧乏なので、なぜ民間企業にドメインのお金を払わなくてはならないのか、疑問に思いました。そしたらお名前.comのHPにドメインの説明が書いてありました。

んー、よくわからないけど前に進もう。

www.onamae.com

 

お名前.comで独自ドメインを購入(1回目)2019年3月5日

 

購入

普通に購入 

ドメインの金額確認のときに、Whois情報公開代行メール転送オプションに『✔』をいれずに購入。

 

登録後、ネットではてなブログの書き方を調べていると、独自ドメインWhois情報公開代行しないとヤバいとの情報をキャッチしました。

Whois情報公開とは、ドメイン所有者の個人情報が、一般に公開される制度です。(なんだそれ)

 

Whois情報公開代行とは、本人の『個人情報の公開』の代わりに、ドメインの代理店企業が企業情報を公開することのようです。(は?)

 

つまり、ヤバいとは、情報公開代行しないと、名前、住所、電話番号がインターネット上にアップされてしまい、誰でも見れる状態になってしまうとのことなのです。

 

ネットの情報によれば、Whois情報公開代行は、通常は無料だけど「お名前.com」の場合は、購入時に必ずWhois情報公開代行メール転送オプションに『✔』を入れろと書かれていました。

 

後から、代行を頼むと年間980円かかるとのこと。僕は時すでに遅し。

デフォルトで『✔』入れとけよ!!

と、そのときは思いました。

 

お名前.comで独自ドメインを購入(2回目)2019年3月10日

しかたがないので、初めの独自ドメインは捨てることにして、もうひとつ独自ドメインを購入しました。

今度は、Whois情報公開代行メール転送オプションに『✔』を入れて。

  

↓の画像に騙されました。

上段に『登録件数選択画面よりWhois情報公開代行を「設定する」を選択のうえ、お申込み・・・』とありますが、設定する・しないの選択肢が無く(これおかしいだろ)、その代わりに、画像のように「Whois情報公開代行メール転送オプション」のチェックボックスがありました。

いやいや普通、こっちに✔いれちゃうだろ??

f:id:tkcblog:20190310173117p:plain

そしたら一応、『Whois情報公開代行』は無料で付いていました。

但し、『メール転送オプション』もついてきて、こちらで年間300円取られるそうです。完全に騙しの手口ですね。GMO嫌いになりました。

 

『✔』いらないよー とのブログ記事を発見

ぼったくられている気がしつつも、そういうものかと思っていたら、以下のサイトを発見しました。

『✔』を入れなくてもWhois情報公開代行をやってくれるようになっているとの記事。 

netdejiyujin.com

既にお伝えの通り、僕がほんの5日前(2019年3月5日)に取得した独自ドメインは『Whois情報公開代行』になっていませんでした。

 

「これはいつの記事だ! 2018年7月だ...と...???」

「バ、バカな...僕はパラレルワールドに迷い込んだのか??それともこの記事が間違っているのか??」

 

お名前.comで独自ドメインを購入(3回目)2019年3月10日

ということで、試しにもう一度、Whois情報公開代行メール転送オプションに『✔』をいれずに、安い独自ドメインを買ってみることにしました。

 

まずは、オプションに『✔』をいれずに、

f:id:tkcblog:20190310163457p:plain

ポチッとな。とf:id:tkcblog:20190310163619p:plain

あッ! Whois情報公開代行されてる。なんでだろう???

この5日間で物価下がった??

  • 上段が1回目に購入した独自ドメインWhois情報公開代行されていない)
  • 中断が2回目に購入した独自ドメインWhois情報公開代行されているが、ついでにメール転送サービスも入ってる)
  • 下段が3回目に購入した独自ドメインWhois情報公開代行されている)

f:id:tkcblog:20190310172359p:plain

 

まとめ

今のところ、非常にわかりづらいですが、Whois情報公開代行メール転送オプションに『✔』をいれなくても、情報公開代行がされるようです。

 

そもそもですが、こういう名ばかりの『Whois情報公開制度』って必要なのでしょうかね?

代行を頼んだら個人情報が公開されないというなら、意味ないですよね。

代行絡みの利権の匂いしかしません。こういうのほんと嫌い。

 

しかも、そのせいで現在も気付かずに個人情報が晒されているブロガーも多いでしょう。(知らんけど)

 

『このブログ書いている人可愛いなぁ、本名は◯◯さんといって、▲▲に住んでいる人なのかぁ。会いに行ってみよう』なんてことになったら危険です。

 

最悪、事件に巻き込まれたり、トラブルで引越しをするはめになる可能性もあります。

皆さんももう一度確認してくださいね。

 

独自ドメインの登録方法は以下を参照してください。

blog.hatenablog.com

 

以上、今回はお名前ドットコムで無駄にドメインを買わされたお話でした。

セコいぜGMO